• ホーム
  • Bernhard Lang ベルンハルト・ラング/ The Anatomy of Disaster (Monadologie IX) アルディッティ弦楽四重奏団(910 217-2)

Bernhard Lang ベルンハルト・ラング/ The Anatomy of Disaster (Monadologie IX) アルディッティ弦楽四重奏団(910 217-2)

クリックで画像を表示
80 年代後半にジャズから現代音楽に活動の場を広げ、90年代にターンテーブルを使い名声を得たベルンハルト・ラング。本作は『ハイドン:十字架上のキリストの最後の七つの言葉』を再構築したもの。
輸入盤CD 
Arditti String Quartet
アルディッティ弦楽四重奏団
Irvine Arditti [1st violin]
アーヴィン・アルディッティ(第1ヴァイオリン)
Ashot Sarkissjan [2nd violin]
アショット・サルキシャン(第2ヴァイオリン)
Lucas Fels [violoncello]
ルーカス・フェルス(チェロ)
Ralf Ehlers [viola]
ラルフ・エーラース(ヴィオラ)

<収録曲>
2. Sonata I: Pater, dimitte illis; non enim sciunt, quid faciunt 
3. Sonata II: Amen dico tibi: hodie mecum eris in paradiso 
4. Sonata III: Mulier, ecce filius tuus, et tu, ecce mater tua! 
5. Sonata IV: Eli, Eli, lama asabthani? 
6. Sonata V: Sitio 
7. Sonata VI: Consumatus est 
8. Sonata VII: Pater in tuas manas commendo spiritum meum 
9. Il Terremoto

Composition by Bernhard Lang
作曲:ベルンハルト・ラング(1957−)

total time: 68:58