Ferhan & Ferzan Önder : Play Fazil Say フェルハン&フェルザン・エンダ− play ファジル・サイ (910 255-2)

クリックで画像を表示
姉妹のために書かれたファジル・サイ作品集。
輸入盤CD デジパック仕様

演奏
Ferhan Önder フェルハン・エンダー (piano)
Ferzan Önder フェルザン・エンダー (piano)

Rundfunk-Sinfonie Orchester Berlin ベルリン放送交響楽団

Markus Poschner (conductor) 指揮:マルクス・ポシュナー


ピアニスト/作曲家、トルコの鬼才ファジル・サイが、トルコ人ピアニスト、フェルハン&フェルザン・エンダー姉妹のために書いた楽曲を、姉妹自身が演奏した1枚。

現在オーストリアを拠点に活動する双子の姉妹、フェルハン・エンダーとフェルザン・エンダー、既に数々の受賞歴を持ち、活発な演奏活動や録音で知られています。

2013年にファジル・サイが彼女たちのために書いた「イスタンブールの冬の朝」を世界初演。同曲が本作の冒頭です。「ピアノとオーケストラのための協奏曲「ゲジ・パーク1」」は、トルコに衝撃を与えた現政権で最大の反政府運動となったゲジ公園の抗議活動を受け、平和や人々に貢献することを願った楽曲。やはり姉妹のために書かれ、作曲の過程では仮に「ツインズ」と呼ばれていた曲で、これが初録音。

2018年に書かれた「Sonata for two pianos, op.80」は、2019年にパリのルイ・ヴィトン財団で姉妹によって初演されたもの。これも初録音です。

イスタンブールに特別な敬意を払い、東洋と西洋をつなぐ音楽の架け橋となるべく、自由、和解、理解を願って書かれた作品を、幼い時からトルコ音楽を聴いて育った双子のピアニスト姉妹が豊かに表現します。


Winter Morning in Istanbul for piano four hands, op. 51b

イスタンブールの冬の朝(ピアノ1台4手)


Concerto for two pianos and orchestra, op. 48  Gezi Park 1

ピアノとオーケストラのための協奏曲「ゲジ・パーク1」 <世界初録音>


Sonata for two pianos, op. 80

2台のピアノのためのソナタ <世界初録音>


All composition by Fazil Say


試聴できます。

https://www.youtube.com/watch?v=WcCKWn2nZq0